様々な環境問題が絶えない現代で、特に注目されている検定があります。それは、「eco検定」です。eco検定という名前をはじめて聞いた方もいらっしゃると思うので、今回はeco検定について詳しく説明していきたいと思います。先程からeco検定と言ってしまっていますが、正式な名称は「環境社会検定試験」で、東京商工会議所が毎年7月と12月の年2回開催している検定試験です。試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)自体は100点満点中70点で合格ではないかと思いますが、実際の試験の難易度はそれほど高くありません。なぜならば、この検定試験には年齢制限が無いので、小中高生でも試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)を受けたいと思えば受けることは可能だからです。12歳の男の子が最年少合格者で、最年長で試験に合格された方は85歳だったそうです。この検定の目的としては、専門性を深めるための試験ではなく、人として生きていくために社会全体で起こっている環境問題について知るきっかけになればいいという思いがあります。過去や今現在に起こっている環境問題を知ることで、それに伴った企業の活動や政治経済のシステムを知ることも出来ます。eco検定に合格すると、環境問題に対する幅広い知識を身につけることが可能なので、環境に配慮した商品の企画開発・販売などを行っている企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)やメーカーへの就職が有利になるはずです。それに、環境問題に興味や関心がある方であれば、この検定を取得するために勉強することによって、日頃の生活をよりよいものにすることが可能なのではないでしょうかー