住宅ローンの金利は固定と変動があります

家を新しく購入すると大抵の人は住宅ローンを組みます。
一括で住宅を購入する人もいるにはいますけど、ほとんどの人はローンを組んで購入します。
でも、住宅ローンで悩む人は少なくありません。
どの金融業者でローンを組めば良いのか悩むのもありますが、住宅ローンの種類で悩む人が多いですね。
なにしろ、住宅ローンの金利には二種類ありますからね。

住宅ローンには固定と変動の二種類の金利があります。
名前からも分かる通り、固定はずっと固定のまま金利は上がりもしないですが、下がりもしません。
金利が上がらないのは良いのですけど、土地の相場が下がっても金利は下がりません。
金利が下がらないのは嫌ですね。

一方、変動金利は相場によって金利が変わってきます。
金利が変わるから今まで低かった金利が高くなる事もありますし、逆に今よりも金利が低くなる事もあります。
固定と変動、どっちの金利が良いのかは一様に言えないですけど、住宅ローンを組む時は自分一人で決めてしまわないで周りと相談して良く考えて決めた方が良いですね。
失敗のリスクを減らすためにも相談をする事はとても大事な事です。